住宅をより強く美しくするために外壁のメンテナンスを行おう

今後の動き

外壁塗装の今後の動向について

外壁塗装は家の外観を表す点や老築化を防ぐために重要なものです。では、この外壁塗装は今後どのような動向を辿るでしょうか。 外壁塗装をする場合は大きく分けて新築の時かリフォームやリノベーションの場面に分かれます。 これから先、新築が増えるのかそれともリフォームやリノベーションが増えるのかと言えば明らかにリフォームやリノベーションが増えていきます。 現段階で、国家が空き家対策として補助金などを出して中古住宅を購入することを強く勧めているからです。つまり、新築重視の考え方からストック重視の考え方に移行したということです。もし、今のまま新築を作り続ければ10年後は30パーセントほどの空家が出ることになります。そうだとすれば国も対策をせざるを得ず、中古住宅のリフォームに伴う外壁塗装が増えてくるでしょう。

注意するべきこととは

外壁塗装をする前に知っておきたいことがあるとすれば、木造住宅もメンテナンスをしっかり行えば50年から100年は余裕で持つということです。 例えば30歳の時に家を新築で購入すれば80歳になってもまだ住むことはできるのです。もし、築20年の中古住宅を30歳の時に購入しても60歳なってもまだmだ現役で住むことができるのです(売却価格は0に等しいが住むだけなら問題なし)。 ところが、家のメンテナンスを怠ると30年でお化け屋敷のようになってしまいます。 この家の寿命ですが、湿気が家の柱や梁などに入り込むと徐々にカビが生えたり朽ち果てたりするので、気密性や断熱性を保つためには、できるだけ早い段階で外壁塗装をする必要が出てくるのです。