住宅をより強く美しくするために外壁のメンテナンスを行おう

金額を知る

外壁塗装に関する金額について

外壁塗装の費用は、業者によってかなり違いがあるものです。実際には塗料の料金は変わらないので、その違いは施工代となります。つまり人件費となるわけですが、あまりに安い費用である場合には人件費を削減しているケースがあります。熟練の技術と経験を持つ職人に依頼するためには、それなりに費用を必要とすることを心掛けておくことが大切です。 また、塗料の金額はほぼ耐久力の違いになります。あまりに安い塗料では手入れも頻繁に必要となりますし、トータルコストは余計に掛かることにもなります。現在主流なのはシリコン樹脂によるものですが、フッ素樹脂による塗料であれば塗り直しの期間も長く、金額は高いものですが建物を長く保護することができます。

これまでの変遷について

外壁塗装における変遷を見ると、その意味合いの変化も見ることができます。これまで多く使用されたのはアクリル樹脂による外壁塗装です。簡単に施工が行えることに加えて安く済ませることができるものですが、手入れを怠ると塗装の劣化とともに建物にダメージが与えられることになります。そこで開発されたのが、より耐久性が高められたシリコン樹脂による塗料です。 しかも、これまでは一度塗りで済ませていたものを、高圧洗浄やひび割れの補修などを行う下地処理を行うことによって、建物をさらに長持ちさせるとともに塗装も剥がれにくくなるようになったわけです。そして現在は、セラミックを使用した汚れにも強い塗料を使用した外壁塗装も行われるようになってきているわけです。