住宅をより強く美しくするために外壁のメンテナンスを行おう

塗装の理解を深める

塗装の価格について知ろう

家の塗装をすると言うとペンキを塗って家の外観をきれいにするイメージを持っている人も多いと思いますが、実際の重要性はその外観よりの家の耐久性や寿命と密接に関係があります。 塗装がその家の寿命と関係してくるとすれば当然価格も随分変わってきます。 まず、一番安い塗装は耐久年数が8年ぐらいと言われています。建坪が25坪程度の家であれば50万円ぐらいが相場になります。 これに対して耐久年数の長いものは20年近くは長持ちします。建坪が25坪程度の家なら100万円程度と考えれば間違いないでしょう。最近は断熱用の塗装も出ており、紫外線を弾き返すというなんともハイスペックなものなのです。もちろん価格もハイスペックに相応なものです。

その歴史についても知っておこう

このようにさまざまな種類がある塗装ですが、その歴史はどうなっているでしょうか。歴史を知ることでこれから先の未来もわかるはずです。 まず、今のような外壁塗装が主流になったのは今から40年ほど前です。当時はまだ外壁塗装について今ほど研究がされていなかった頃ですので、家の寿命とその塗装を結びつける人は少なかったようです。それから塗装の研究が盛んになり、実用性のあるものが出てきています。 最近では地球温暖化の影響でその種類も温暖化に合わせるように変わってきています。遮熱性や断熱性のものは現在最高値ですが、これは紫外線を弾き返すことで家の中の温度を上げにくくし、冷房の効きをよくします。その結果電気代の節約とエアコンをあまり使用せずに過ごすことでエコロジーにもつながるのです。