住宅をより強く美しくするために外壁のメンテナンスを行おう

快適に過ごす為に

屋根の耐久性能維持に向けた適切なリフォーム工事

真夏の紫外線や、冬の凍結というように、わが国は、厳しい自然環境にある地域もあります。そのため、わが国の住宅の平均寿命は、概ね30年程度とも言われています。そういった中で、いつまでも快適な暮らしを送るためには、自宅のリフォーム工事が不可欠となっています。中でも、屋根材の塗膜に応じた維持管理を怠りますと、最悪の場合は、雨漏りの原因となり、梁や、柱に使用されている木材の腐食につながることになります。一方で、屋根塗装を行うことで、防錆性や、防水性が高まります。そして、そのことで、屋根材を保護することになりますので、屋根の葺き替えといった工事が不要になったり、時期を先延ばしにすることが可能となります。また、遮熱性や、断熱性も高まりますので、屋根塗装によって快適な暮らしを送ることができます。そのためにも、屋根にもリフォーム工事の一つである屋根塗装を必要としています。

専門業者による施工で長期間の安全・安心した快適な生活

屋根塗装といっても、豊富な経験に培われた熟練の職人でないと、塗り残しなどにより、防錆や、防水機能を発揮することができなくなります。そのため、品質が約束された熟練した専門業者による施工が必要となります。一般的な屋根塗装の手順は、既設の屋根を高圧洗浄して、下地調整、下地シーラー塗りといった下地処理の後に、2回の上塗りで仕上げることになります。また、屋根塗装に用いる材料においても、最近では、フッ素樹脂塗料といった新しい材料により、長寿命化が可能となります。この屋根塗装によって、屋根の葺き替え時期を遅らせることができますので、結果的には、トータルコストの低減につながります。そして、美観も向上されますので、人によっては、新築気分を味わうことになり、快適な暮らしを送ることができます。